作業服・事務服・ユニフォームの丸十服装 TOP > 節電ユニフォーム > 涼しいクールビズ・熱中症対策

「節電・クールビズ・熱中症 対策アイテム」 の販売

節電・クールビズ・熱中症/猛暑対策[吸汗速乾・ドライ][消臭][通気性][UVカット][接触冷感][遮熱]

猛暑化・温暖化がすすむなか、作業現場/工場をはじめ、オフィス空間でも、涼しい制服、クールビズ対策、涼しいアイテムが求められています。
屋外勤務の作業者には、涼しさを確保するだけでなく、日差しを遮断するようなアイテムを併用する事が大事です。
熱や日焼けによる疲労・熱中症を防ぐ事は着用者の健康管理に非常に重要です。また適切に塩分や水分を摂取することも望まれます。
オフィス勤務の方も、中部・関東地方を中心に節電のムードが高まっており、より一層のクールビズが求められています。
より涼しい素材のクールビズ-シャツをはじめ、事務服(ベスト/スカート/ブラウス)でも涼しい素材の製品を着用する事で節電環境下でも快適に過ごす事が可能です。
また、事務所内でもクールビズシャツを吸汗性やイージーケア性に優れたニットシャツや、ボタンダウンポロシャツに変更すれば、より一層快適に過ごす事も可能です。
熱中症対策/猛暑対策/クールビズの制服やユニフォームの事なら、丸十服装までご相談ください。

オフィス・事業所で対策 はこちら 現場で対策 はこちら

オフィス・事業所で節電対策 / 暑さ(熱中症)・クールビズ対策

涼しいシャツでクールビズ   涼しいビズポロでクールビズ

涼しいシャツでクールビズ

クールビズに対応する涼しいユニフォーム用のボタンダウン-シャツを案内しております。
・・・続きを読む▼
 

涼しいビズポロでクールビズ

クールビズに対応する涼しいユニフォーム用の
ボタンダウン-ポロシャツを案内しております。
・・・続きを読む▼
涼しい事務服でクールビズ   涼しいブラウスでクールビズ

涼しい事務服でクールビズ

クールビズ対応の事務服・オフィスウェアです。
ユニフォーム用の放熱性や透湿性に優れた素材を使っています。
・・・続きを読む▼
 

涼しいブラウスでクールビズ

ドライタッチで吸汗性に優れたオフィス用の涼しいカットソーブラウスをご提案です。
・・・続きを読む▼

工場・現場で節電対策 / 暑さ(熱中症)・クールビズ対策

涼しい作業服で熱中症対策   涼しいポロシャツで熱中症対策

涼しい作業服で熱中症対策

夏用の涼しい素材や縫製仕様の作業服です。
・・・続きを読む▼
 

涼しいポロシャツで熱中症対策

夏用の涼しい吸汗速乾素材のポロシャツをご提案します。
・・・続きを読む▼
ファン付作業服(空調服)で熱中症対策   クールバンダナ・空調服 体を冷やして熱中症対策

ファン付作業服(空調服)で熱中症対策

2機のファンを搭載して、扇風機のように清涼な風を衣服内にもたらします。
・・・続きを読む▼
 

クールバンダナ・空調服 体を冷やして熱中症対策

熱中症を予防する上で、『カラダ』の体温の上昇を抑制する事も非常に効果的です。
・・・続きを読む▼
ヘルメット・帽子 頭を冷やして熱中症対策  

ヘルメット・帽子 頭を冷やして熱中症対策

『アタマ』への熱は着用者の疲労を増加させるだけでなく、健康にも影響が大きくなります。
・・・続きを読む▼
 

ページトップへ

3. 節電時の熱中症と熱中症予防について

熱中症とは?

高温・高湿・高熱の場所で長時間過ごし、また、過度の作業や運動を行った結果、皮下血管の拡張や発汗が促進され、体内の水分や塩分のバランスが崩れます。
それにともない発症する障害の総称を熱中症といいます。
具体的にはキンニクのひきつけや脳貧血、体温の著しい上昇などの障害が起き、重度の場合には死に至る可能性もあります。
また節電時にエアコンを抑制する事で、室内でも過度の体温上昇のリスクがあります。
適切な予防法や応急処置を事前に把握し、作業環境においても熱中症を防止することが大事です。

熱中症の予防法と対処方法!

事前予防法:
  • 十分に睡眠時間をとる。
  • 十分な休息時間をとる。
  • 作業場所への直射日光を防ぐ
  • 直射日光下では通気性の高い帽子を着用する
  • 熱を溜めない服装を心がける
  • 節電時も送風機等で風を作業現場に入れる
  • 作業現場の湿度を下げる
  • 作業現場の気温を下げる
  • 水分補給をまめに行う

発生後対処法
  • 涼しい場所で安静にする。
  • 衣服を脱がせて、体からの熱の放散を助ける。
  • 十分に水分と塩分を補給する。(スポーツ飲料などが好ましい)
  • 露出させた肌に水をかけ、その後、扇風機などで風を当て、体温を気化させて下げる。
  • 動脈が集中する「首の裏」、「脇の下」、「股の間」に氷枕つけて冷やす。
  • 重度な場合は迷わず医師に相談する(救急車を手配する)。
(詳細は環境省の熱中症環境保険マニュアルを参照下さい)

ページトップへ