空調服の効果 | 作業現場・工場の節電対策・クールビズ対策

空調服| 作業現場・工場の節電対策・クールビズ対策

「空調服」とは服についた小型ファンで服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を流すことにより、汗を気化させて、涼しく快適に過ごしていただくための商品です。
使用するエネルギーもエアコンなどに比べて格段に少なく、環境にも配慮した地球にやさしいエコな製品です。
工場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境でも快適に過ごせます。

「空調服」の効果を見る / 「空調服」の特徴を見る / 「空調服」の使用例見る今年の空調風神服はこんなにパワーアップしました。


空調服の効果

空調服を着用する事により、ただ単に涼しいというだけでなく、様々な効果が期待されます。
それは着用者の体のみならず、作業効率やコスト、さらには地域環境にまで及ぶと考えられています。

1.体に対する効果

人の体は温度上昇を感じた際に、発汗することで温度の上昇を抑制しようとします。
その事を生理クーラーといいます。
ただし、発汗した後で、その汗を効率的に気化させないと温度上昇を抑制することができません。
空調服を着用して、衣服内に風を大量に送り込むことで、汗の気化(つまり体温の上昇を抑制)を促進することが可能です。
適切に体温の上昇を抑制する事は、体力の消耗を抑える事はもちろん、汗を素早く気化させる事であせ汗臭が減り、アセモなど汗による皮膚病にもなり難くなります。

2.エネルギー・コストに対する効果

空調服を一日10時間着用した場合、1ヶ月の電気代(充電式ニッケル水素乾電池を用いた場合)は、約20円と非常に安価です。
クーラーを使用し続ける事や、新たにスポットクーラーを設置する場合に比べて、非常に経済的です。
また、空調服は人が装着をしますので、場所を選ばず、無駄なクーラーの使いすぎなども抑制が可能です。

3.空調効果で作業効率UP!作業期間が短縮され、利益改善が図られます。

暖かい作業服でウォームビズ・節電対策暑いところで作業を行う場合、休憩し、体を適度に冷やす(休ませる)必要があります。
が、十分な能力のある空調服を着用すれば、作業をしている際に体温の上昇を抑制することができます。 
そのため、集中力の維持や、また、連続作業が可能になる可能性が高く、作業効率のアップが見込まれます。
たとえば、作業効率が10%アップすれば10日間かかっていた作業が9日間で完了することになります。


ページトップへ