500着からの別注作業服作製 COTONE21CLUB お問い合わせ・ご注文は丸十服装株式会社まで 大阪本社 06-6552-3921 東京支社 03-3851-9700
COTONE21CLUBとは これからの作業服選び 機能素材紹介 導入事例 お問い合わせ

作業服と安全・安心 作業服と健康 作業服と環境


作業服と環境

人にも環境にも優しいエコユニフォームの必要性

今地球規模の問題となっている「地球温暖化」や「オゾン層の破壊」、「化石資源の枯渇」はこれまで築き上げてきた社会システムに起因しており、21世紀に地球環境と共存できるよう努力することは、社会の一員として、また社会から信頼される企業として当然の責務といえます。
私たちを取り巻く環境の変化と共に作業服に対する価値観や役割も変化してきています。 作業服と環境
2005年2月、京都議定書が発効され、CO2の削減や温暖化防止に向けて具体的な動きがはじまり、限りある化石資源から動植物資源といったバイオマスへの動きや、話題になったクールビズやウォームビズといったビジネススタイルに代表されるように今後ますます省エネ、CO2の削減など、環境への関心が高まることが予想されます。
COTONE21 CLUBでは、素材はもちろん回収システムについても地球への環境負荷について真剣に考え環境対応素材の使用、販売を通じて、この美しい地球と限りある資源を守っていきます。


環境対応型素材

生分解性素材
生分解性素材とはトウモロコシなどの再生可能な植物から抽出される
ポリ乳酸(デンプンが主原料)を原料とし、自然環境下で最終的に水と
炭酸ガスに分解され、光合成を経て再びデンプンへと再生される自然循環型素材です。
有毒ガスの発生もなく、きわめて安全性の高い素材として注目されています。
リヨセル
リヨセルはウッドセルロースから生まれた全く新しい植物系繊維で、みずみずしい素肌のような弾力ある風合いが特徴です。
コットンよりも丈夫で縮みにくく、レーヨンに勝る上品な外観と質感を有します。
天然竹繊維
天然竹繊維とは2〜3年で成長する再生可能資源である竹を丁寧に解きほぐして繊維にした天然竹繊維100%の素材です。
環境負荷が少なく、抗菌、吸放湿性などの機能性にも優れたこれからのエコ素材として非常に注目されています。

マテリアル・リサイクル
回収したユニフォームから、内装材向けフェルト等として生まれ変わらせるシステムがマテリアルリサイクルです。このシステムは何度でも繰り返し使えるので、これからの循環型社会の時代に、最も適した完成度の高いリサイクルシステムだと言えます。


作業服と安全・安心 作業服と健康 作業服と環境