「カーボンオフセット(CO2排出権付) ユニフォーム」の説明

日頃より、電気をこまめに消したり、エアコンの温度設定を弱めたり、車の代わりに電車で出かけたり、・・・皆様も様々な省エネを実践しているかと思います。
しかし、省エネなどの努力をしても、日常生活の中ではどうしてもCO2を排出してしまいます。
私達一人ひとり、そして各企業が努力をするのは大事ですが、自分ではない別の場所・別の人が行なう「温室効果ガス削減事業」を支援することも、世界規模の二酸化炭素の総量を減らすことには効果的です。

カーボンオフセットとは ?

ユニフォーム購入代金+CER(排出削減クレジット)費用

カーボンオフセットとは、第三者に資金や技術を譲渡する事により、自分が削減するより、より効率的にCO2を削減していこうという考え方です。

現在、発展途上国を中心にエネルギー不足が深刻な問題になっています。
そのため、比較的簡単に建設できるかわりに、CO2を大量に排出する火力発電所の建設が進んでいます。

丸十服装では、(社)日本カーボンオフセットの協力のもと、国連が定めるCDM(クリーン開発メカニズム)に準じた
温室効果ガスを排出しない自然エネルギー(風力・太陽光)プラントの促進や、二酸化炭素をを削減(吸収)する森林育成事業への支援活動に参加しています。
弊社を含めた多くの企業が国連CDMに賛同し、資金を出し合う事により、結果的に火力発電所の建設をが風力発電所の建設に変えることができれば、将来にわたり排出される二酸化炭素の量は大幅に削減が可能です。

CARBON OFFSET

植林事業、クリーンエネルギー(風力・水力・太陽光発電等)のプロジェクトに
『出資する』、『協賛する』という形で、
世界のCO2の排出量を削減する活動に参加していきましょう!

世界的な二酸化炭素削減運動に協賛をする事で、
間接的に、より効率的に「排出したCO2」をオフセット(相殺)していきましょう!

カーボンオフセットの手続きと流れ ?

弊社ではCOJ(日本カーボンオフセット)の協力のもと、京都議定書によって定められたCDM(クリーン開発メカニズム)より取得できるCER(温室効果ガス削減クレジット)をオフセットに使用しています。

※COJとは、国連が定める排出権(CER)を適正に管理・運用する機関です。
※CDMとは、京都議定書の12条に記載されている京都メカニズムの1つです。
※CERとは、京都議定書の12条に記載されている国連承認の排出クレジットです。

調達しましたしましたCER(排出権クレジット)は全て、日本国政府の償却口座に譲渡していますので完全な寄付型の社会貢献になります。
日本国償却口座に移管された排出権クレジットは、京都議定書によって定められた日本の削減目標に直接加算されますので、
ダイレクトに、日本のCO2削減活動、またはチームマイナス6%の活動に参加が可能です。

弊社では弊社自身が上記の活動に参加するのは勿論、弊社のお客様(ユニフォーム購入企業様)にたいしても、ご希望の場合には、手続きを代行させて頂いております。
ユニフォームを購入いただく事で、お客様も上記の環境活動にご参加いただくことが可能です。


仕組み

ページトップへ