「カーボンオフセット(CO2排出権付) ユニフォーム」の費用と運用

『二酸化炭素の削減活動』・『社会貢献』・『環境活動』への取り組みを希望されるユーザー様に対して、カーボンオフセット付ユニフォームを販売致します。
京都議定書の定めるCDM(クリーン開発メカニズム)より取得する国連承認のCER(削減クレジット)をご購入頂くたびに、付加して販売しています。
購入いただく事で発生しましたCER(削減クレジット)は日本国償却口座へ、COJを経由で移管いたします。
つまり、お客様はカーボンオフセット契約をしたユニフォームを1着購入するたびに、

  • 実質的な二酸化酸素排出量を削減する活動へ参加可能
  • 京都議定書で定めた日本のCO2削減目標への協力

の両方に貢献する事が可能です。
移転に関する事務費用、及び事務手続きは全て弊社が負担いたします。
カーボンオフセットに対応できる商品は弊社が販売をする『ユニフォーム』、『作業服』、『事務服』、『安全保護具』、『イベント等の販促品』等全般です。
弊社が製造する作業服、事務服、特注ユニフォームは勿論、アパレルメーカーが製造する商品に対しても、弊社でオフセットに関する事務処理をした上で、販売をさせて頂く事も可能です。

「カーボンオフセット付き ユニフォーム」の費用

ユニフォーム購入代金+CER(排出削減クレジット)費用

□CERの価格は1kgにつき5円です。契約数量(1着あたりの付加数量[kg])はお客様の任意でご契約可能です。
□仮に1着5kgのご契約で500着をご購入いただくと、弊社で2500kgのCERを日本償却口座へ移管します。
(つまり、2500kgの二酸化炭素の削減になります。)
□費用は2500kg(500着分)×5円の12,500円がユニフォーム代以外に別途必要です。
□日本では1ヶ月に1人あたり200kgのCO2を排出するといわれています。
※上記の2,500kgとは、1人の日本人が1年間に排出するCO2量を相殺したことになります。

「カーボンオフセット付き ユニフォーム」の運用

1)
弊社にてユニフォームをお買いいただく際に、カーボンオフセットへの参加をするかどうか、
お客様にご判断を頂きます。
当然ですが、完全な任意ですので、ユニフォームのみの販売も弊社は大歓迎です。
あくまで社会貢献、環境活動の一環としてご興味がある場合は、是非お申し付け下さい。




2)
オフセット契約をご希望の場合には、それ以降、ユニフォームを1着販売する
度に、ご契約数量の排出クレジットを、弊社にてユニフォームに付加させて頂ます。




3)
お客様のご希望があれば、ユニフォームにカーボンオフセットマークを付ける事も可能です。
ユニフォームは1日8時間、週40時間、月800時間以上にわたり着用されます。
ユニフォームにマークをつける事により、着用者が接する内外の人々(会社内、地域社会、お取引様)に対して、効率的に御社の環境活動をアピールする事が可能です。
※マークの取り付けには別途費用が必要です。




4)
年に一度、弊社よりご契約企業様にオフセット量の報告いたします。
その際に、代行にて移管いたしましたクレジット番号も証明書に記載して提出いたします
※クレジット番号をご確認いただく事で、ユーザー様に協賛を頂いた
削減クレジットが、『どの地域』の『どのCDM(削減活動)』に使われ、
また、最終的に日本国償却口座に移管されたかを、
お客様自身でも確認いただけます。

ユニフォームにカーボンオフセットマークを付ける

証明書
つまり

●ユニフォームを一着購入するたびに、国連が主導するCO2削減活動に参加いただけます。
●参加をいただくにあたり、ご負担頂く費用は非常に小額です (クレジット代:1kg = 5円)。
●削減クレジットの移管作業、事務手数料等は全て弊社が負担いたします。
●ユニフォームにプログラム参加の証明タグを付けることが出来ます。
●ユニフォームを通して、社員様・お取引様・お客様に御社の環境活動をアピールできます。
●CO2削減活動に参加していただいた証明書を、年に一回発行いたします。
新しい環境活動・社会貢献の一つとして、御社のCSRにもご検討下さい。

ページトップへ